EURUSD

本日発表された政策金利は、据え置きの0.5%でした。

しかし、EU加盟国の国債を、今年3月から来年9月にかけて600億ユーロ(8兆円)分買い取ると、さきほど発表されました。

これに対して、日銀もさらに金融緩和を行うのではないかという憶測が出てきたようです。

これ以上金融緩和を行うと、現在こう着状態にあるドル円市場は、一気にドル高円安に進むでしょう。

124円を超えるのではないでしょうか?

 

米国は金融緩和から抜け出そうとしている一方で、日本も欧州も金融緩和に踏み込みました。

米国の独り勝ち状態は、まだ始まったばかり。

これから、どれだけ米国経済が強くなるのでしょうか。